日常生活が大きく変わるレーシック

二回タイガーウッズは、レーシック手術を受けましているのです。

 

1995年からこいつを機会に、レーシック施術が増え、年間100万人を超える施術を現在では行ってます。

 

またパイロットの目の審査でもつらいとさている世界でもレーシック施術を認めています。

 

視力回復の方法の一つとしまして、日本でレーシックが認可をされましてしまったのは2000年の話です。

 

レーシック施術の凄さをゴルフのカップがバケツみたいに見えます、などといいました表現し、語ってます。

 

1939年にはじめの日本人が、屈折矯正手術を行われたから、約60年もの年月がたってます。

 

なかでもギリシャで1990年にはじめに、レーシック施術が行われました。

 

レーシック施術がアメリカでは、随分身近なものとして、とらえられてるということが分かります。

 

まだここからその当時の施術は、医療の一つとして認めるには早いものだった。

 

しかし世界の各国で、技術はつぎつぎ進んでいったのでした。

 

アメリカにおきましても、FDAによりそこからエキシマレーザー治療が認可された。

 

ハリウッドスターやタイガーウッズなどの著名人がそのきっかけとして、施術してることがあります。

 

外国でレーシック手術を受ける人も日本でのレーシック施術が、認可されてない時代にはおりました。

 

レーシックの施術は、それだけ魅力的ものだった。

 

どっちかというならば、何事にも日本は慎重な事が多く、時間が認可させられるまでにもかかりました。

 

まだ日本では、10年ぐらいな歴史しかないです。

 

ヨーロッパでは、その後積極的にレーシック施術が広まり行われているようになってしまいました。

 

レーシックを受けたとしましても、次のように認めてくれる社会環境があるということも安心の要素につながります。

 

また、治療技術も施術件数が多いほどあがり、研究も進んでいくこととします。

 

このことからより高度な技術で、リスクの多くない施術が可能になるのでしょう。

 

よってレーシング施術が、ますますメジャーな視力回復方法として認知させられるためはないか。

 

 

 

page top