日常生活が大きく変わるレーシック

レーシックの手術の技術の進化と安全性がその背景には、認知をしはじめた事ではないか。

 

エキシマレーザーをめくられました角膜の部分にあて、角膜を蒸散させます。

 

角膜の一部をこの機械によりまして、薄くめくっていくこととします。

 

ラップとこのめくられた部分は、呼みやぶられているのです。

 

多くの屈折異常に対してこのマエキシマレーザーの当て方を調節することによって、対応する事が出来ます。

 

検視のデーターを元に微妙な調節は、コンピュータのプログラム化されます。

 

だから、調整をすることの方が顕微鏡レベルの角膜異常も可能です。

 

新たな視力回復法の一つとしましての今や、地位を確立しつつあるのです。

 

ではさらに、どんなレーシックとは仕掛けなんでしょうか?くちこみとか芸能人の施術などがその結果、話題になり、身近に感じるようになってしまいました。

 

レーシックによる視力回復手術を受ける人が、ここここ何年増してきています。

 

近視、乱視、遠視などこうする事で、屈折異常を起こしてました部分を、矯正をさせます。

 

厚生労働省によって、2000年にエキシマレーザーによる屈折矯正手術が認可された。

 

しかし2万人と日本での実績はずいぶん多くないものだった。

 

それが、年間10万人近くの人が今ではレーシックを受ける時代に変化してしまった。

 

その要因としまして、患者がレーシックのメカニズムにつきまして、理解をして安心をして施術を受けれるようとなったからではないでしょうか。

 

まずカンナにみようかなマイクロケラトームというけずり方をする機械を使います。

 

ミクロ単位でこの機械は動きを設定するには出来る、高性能な機械です。

 

調整がすべて終わり最後に、角膜をけずってできたラップを元に戻すだけ。

 

自然と元に戻るのをラップは待つだけで大丈夫です。

 

薬品など特に使ったりはしていない。

 

 

 

page top